洋楽奏法理論

リズム専門スクールならWORLD MUSIC JAPAN


TOP > 洋楽奏法理論

洋楽奏法理論とは、WORLD MUSIC JAPANが提唱する奏法理論です。Michael Jackson、Dirty Loopsなどの洋楽のリズム、グルーヴを確立したWORLD VOICE洋楽ボイス理論と、楽器一つであらゆるリズムを奏でる事を可能とるオリジナルの奏法理論です。


憧れを実現する



色々な楽器には、その楽器特有の役割があります、リード楽器やコード楽器、リズム楽器、またはそれを同時にこなす楽器などです。そして誰もが1度はこう思った事があるのではないでしょうか?

●ギターヒーローになりたい
●ライブのステージ上で華やかにドラムを叩きたい
●オーディエンスをノリノリにさせたい
●躍動感溢れるピアノを弾きたい

そして有名なアーティストのプレイをコピーし、新しいフレーズを完コピしては達成感に満ちる日々を
送った事があるのではないでしょうか。

しかし同時にこう思った事もあると思います。

●フレーズが目立たなくて地味
●ノリにキレがない
●自分のプレイには華やかさがない


WORLD MUSIC JAPANが自信を持って伝えたいのも、まさにこの部分です。


リズムを制する者が音楽を制する



リズム能力を集中的に強化していくと、楽器を問わず全てのスキルが格段に上がります。
リードギターやソロギター、ベース、ドラム、ピアノ、キーボード、アンサンブル、耳コピ能力、さらにはアドリブ能力までもです。
しかも従来の練習方法の、数分の1の練習時間で新しいフレーズをマスターでき、より安定感のあるプレイが可能となります。これは夢でも理想の話しでもありません。現実の事なのです。

上達のスピード=リズム感と言っても決して過言ではないからです。

今までのリズム練習法は感覚的なものが多く、練習法も地味なものでした。
その為にすぐ飽きてしまったり、上達を感じられなかったり、一定のレベルでストップしてしまったりという事が起こっていました。


効果が出る練習法はプレイヤーによって違う


WORLD MUSIC JAPANが提唱する洋楽奏法理論は、WORLD VOICEが培ってきた洋楽ボイス理論
テンポ、リズム、グルーヴを楽器用に変換したものが基本となっています。
一番の特徴は、ただ単に弾き方のマネをするのではなく、言葉で説明できる理論にあります。
効果が出る練習法はプレイヤーによって違います。 聞いてきた音楽、弾きたいと思ってる音楽、持ってるクセ、個性、特徴などが違うからです。

言葉で説明できる洋楽奏法理論では、その人の為に必要な練習法をカスタマイズする事が可能です。
これは必要だけどこれはいらない、もしくは、これは重要だけどこれは気にしなくても良い。
この練習法のカスタマイズにより、なりたいプレイヤーへ最短で向かう事ができます。


そして、理想のプレイヤーへ


あなたが今までの何倍ものリズム感を身につけ、日本はもちろん、世界で通用する最高のプレイヤーに近づけるよう、WORLD MUSIC JAPANがサポートしていきます。

●アーティストの真似をして弾いているのに何かが違う
●以前より成長のスピードが遅くなった気がするけどなぜだろう?
●他人と合わせると上手くいかない理由はなんだろう?

など、今までわからなかった事の正体がここにあります。

このリズム理論を知れば、あなたはますます音楽の深い世界に入る事になるでしょう。


Copyright(c) 2014 All Rights Reserved.